大学院生 元矢さんを筆頭著者とする論文が Congenital Anomalies 誌に掲載されました

当研究室の大学院博士課程(2016年3月修了)の元矢さんを筆頭著者とする論文が Congenital Anomalies 誌に掲載されました。掲載号の表紙も飾りましたので、PDFファイルにて紹介いたします(CGA_vol.56(3)_表紙)。
タイトルは、Interkinetic nuclear migration in the mouse embryonic ureteric epithelium: Possible implication for congenital anomalies of the kidney and urinary tract です。