お知らせ

大学院生 元矢さんを筆頭著者とする論文が Congenital Anomalies 誌に掲載されました

当研究室の大学院博士課程(2016年3月修了)の元矢さんを筆頭著者とする論文が Congenital Anomalies 誌に掲載されました。掲載号の表紙も飾りましたので、PDFファイルにて紹介いたします(CGA_vol.56(3)_表紙)。
タイトルは、Interkinetic nuclear migration in the mouse embryonic ureteric epithelium: Possible implication for congenital anomalies of the kidney and urinary tract です。

|

大学院生 元矢 知志さんの学位論文審査が行われました

2016年2月4日、当研究室の大学院生 元矢 知志さんの学位論文審査が行われました。

詳細については下記のとおりです。

学位申請者: 元矢 知志 (大学院博士課程)

論文名: Interkinetic nuclear migration in the mouse embryonic ureteric epithelium: Possible implication for congenital anomalies of the kidney and urinary tract

発表雑誌名: Congenital Anomalies(in press)

|

論文-2005~2015年の情報

2005~2015年の情報です。
PDF形式で掲載しています。
論文 2005-2015

|

学会-2005~2015年の情報

2005~2015年の情報です。
PDF形式で掲載しています。
学会 2005 – 2015

|

著書-2007~2013年の情報

2007~2013年の情報です。
PDF形式で掲載しています。
著書 2007-2013

|

小動物用 超音波高解像度イメージングシステム Vevo®2100の導入

子宮外発生法などを用いた発生工学的実験における超音波(エコー)ガイド下
での臓器特異的注入を目的として導入致しております。
本学医学部等内での共同利用可能機器として導入されておりますので、
ご利用希望の方は当教室までご連絡ください。

|

【技能習得支援ツール】 比較動画ソフトの紹介

比較動画ソフトを用いた技能習得支援ツールについて紹介します。

(下のリンクをクリックするとPDFファイルをご覧いただけます。)

 

比較動画ソフトを用いた技能習得支援

|

【発生工学実験】 子宮外発生法の紹介

第1回技術講習会で取り上げました「Exo utero法による胚操作法」に関する解説を紹介します。(下のリンクをクリックするとPDFファイルをご覧いただけます。)

 

子宮外発生法について

|

大学院博士課程 Dr. Rafiq の学位論文審査が行われました

2012年1月17日、当研究室の大学院生 Dr. Rafiq の学位論文審査が行われました。

詳細については下記のとおりです。

学位申請者: Ashiq Mahmood Rafiq(大学院博士課程)

論文名: Mathematical Analysis of Mandibular Morphogenesis by Micro-CT-Based
Mouse and Alizarin Red S-Stained-Based Human Studies During Development

発表雑誌名: The Anatomical Record(in press)

 

|