研究の概要

研究テーマ

ヒト及び実験動物の発生過程の総合的研究

内 容

ヒトおよびマウスなど実験動物における正常および異常発生ならびに関連する細胞生物学の広範な領域にわたる研究を行っている。 肉眼レベルから電子顕微鏡にいたる形態学、発生工学、分子生物学、数理解析などの方法論を用い、細胞内小器官・細胞骨格の形成から、脳などの各器官・組織の形成、神経・免疫・内分泌ネットワークなど全身レベルにおける調節系形成のメカニズムにいたる様々な発生現象について、総合的な理解を求めて独創性の高い研究を進めている。